Article

        

NINJA KYOTO・奈良健康ランド・靴下屋 WOWOW智くんメッセ 来週の「ブランチ」 中村監督が語る

2017/ 06/ 18
『忍びの国』
                 
ワクワク大阪初日、無事終わりましたね。
17日はニノのお誕生日当日で、
ワクワクでハピバがあったとか。

そしてそして、ツイッターでのレポによると、
智くん、
髪を少し整えて、
なんと、茶髪になってたそう!

映画のための雑誌取材を終えて、
黒髪から変えたってことかな?!

そんでもって、ビジュアルはすこぶる良いと(#^.^#)

20日(日)京セラに入る友人がいるので、
智くんの様子など詳しく聞けるかなと楽しみです♪


            

『忍びの国』関連のコラボ、いろいろありますね〜。

NINJA KYOTOツイ。


戦国フォトスタジオ「夢幻館」のご利用でも忍びの国コラボしおりはゲット出来まするぞ!
まるで、映画のポスターのような本格的な写真を忍者衣装で撮ることができまする!
今なら、『#忍びの国』公式オリジナルハチマキも貸し出し中★… twitter.com/i/web/status/8…
2017/06/16 17:37



忍びの国キャンペーン特別企画
■6/17~6/23「無門」+「平兵衛」衣裳展開催!
*平兵衛の衣装は23日以降も引き続きの展示を予定しております。
また、他の衣装・小道具の展示も調整中です。
詳細はHP(Facebook)にて!
#NINJAKYOTO
#忍びの国
2017/06/17 11:15


■展示時間11:30~22:00(無門衣装は最終日15:00まで)
■入場は無料です
皆様のお越しをお待ちしております
2017/06/17 11:15



奈良健康ランド 奈良プラザホテル公式アカウント。

7/1公開の映画「#忍びの国」コラボキャンペーンを6/17~8/6に開催!作品紹介パネル展示や映画オリジナルグッズプレゼント企画を実施♪7/14迄限定で、劇中衣装・小道具展も!展示物や展示スケジュール等詳細はこちら→… twitter.com/i/web/status/8…
2017/06/16 21:26



Tabio株式会社お知らせアカウント。

#忍びの国 と靴下屋のタイアップ企画が本日よりスタート!
靴下屋店頭の「忍びの国」ポスターのQRコードからアンケートに答えると抽選で非売品グッズをプレゼント!
詳細は↓から!
tabio.com/jp/corporate/n…
2017/06/16 9:26






WOWOWシネマやプライムの無料放送のところで、
智くんのメッセージが流れているそうです。

こんな長めのコメントも……。


「WOWOWをご覧の皆さん、大野智です。
そして、え、僕が主演の映画、
え〜、『忍びの国』が7月1日に公開されます。
え〜、戦国最強の織田信長はなぜ、
伊賀を攻略することができなかったのか?
え、歴史に秘められた謎に迫る、
未だかつてない戦国エンターテイメント超大作です。
え、僕が演じる無門の活躍ぶりも、ご注目ください。
映画のある人生を。
WOWOWシネマ」



『忍びの国』公開記念ナビの録画を再開してみよ〜っと♪




6/24(土)『王様のブランチ』TVコーナーで、
「櫻井・有吉THE夜会」のMC櫻井翔くんと、
ゲストの大野智くん、伊勢谷友介さんへのインタビューが流れるそうです。





談春さんに続き、今度は中村監督の記事です。

シネマトゥディ
俳優・大野智の「やる気を見せない」美学
2017年6月17日 7時12分


 テレビドラマ&映画「怪物くん」(2010・2011)に続いて『忍びの国』(7月1日公開)で嵐・大野智とタッグを組んだ中村義洋監督が、俳優・大野智の魅力を語った。原作は、「のぼうの城」や「村上海賊の娘」などで知られる歴史小説の若き旗手・和田竜の同名小説。大野は、伊賀最強の忍びでありながら普段はぐうたらな怠け者で、妻に頭の上がらない主人公の無門(むもん)にふんし、鮮やかなアクションシーンも披露している。

 織田信長の天下統一を目前に、それまで誰も攻め入らなかった伊賀の国に織田軍が兵を挙げた史実「天正伊賀の乱」を題材にした本作。幼少期より忍者に興味を抱き続け、調べてきた監督が、「何だかわからないうちに瞬間的に忍術が行われてしまうという映像表現ではなく、リアルに、克明に、具体で見せたかった」と語るように、忍術のからくりを目撃できる面白さに満ちている。

 だが何といっても見どころは忍者アクション。大野が伊賀忍者・最強の技を披露する、前半と後半で相手を変えて繰り広げる“川”の死闘は、接近戦ゆえに大野の身体能力の高さが、“無門の人知を超えた強さ”にリアリティーを与えている。相手が何度振りかぶろうが容易にかわす無門の動きを、「漠然としたイメージはあったものの、昨年『デッドプール』の主人公のクネクネした動きを観たとき、“大野君の底力をもってすればコレができる”と全てが着地した」と振り返る。

 同時に、「『オーシャンズ12』でヴァンサン・カッセルが、レーザーが張り巡らされた空間をウォークマンで曲を聞きながら踊りながら避けて進んでいくシーンを観て、“この感じで行きたいから、とにかく体を柔らかくしておいて”と参考にDVDを送りました」と構想から8年を費やしてあらゆる素材からヒントを得た手の内も明かした。

 監督の構想や要望を全て叶えられたのも、「数多くのダンスの振付を覚えてきた大野君だからこそ、その要領でこれだけのアクションを覚えられるんでしょうね」と舌を巻く。「鈴木亮平君が演じる平兵衛の“剛”とは対照的な無門の “柔らかさ”、2人のアクションの習熟方法にも通じる“柔と剛”が、キャラクターにも映画全体にも生きている。まさに大野君は無門のあり方と重なる」と分析。

 “無門と重なる”とは、「大野君って、カットとカットの間は本当にやる気がなさそ~な風情でいるんですよ(笑)。でも『本番!』とカメラをまわした途端、とにかくスゴイ!! 実は誰よりも準備をしているのに、その真剣なさまを人に見せないのが大野君の美学なのだと思います」と感心する。

 そんな大野が、撮影の合間に唯一真剣な顔を覗かせたのがラストシーンの直前。いつもの調子で監督が「十二家評定衆(伊賀の有力者たち)の横にいる、あの女の子かわいくない?」と話しかけたところ、黙殺されたと頭をかく。「うわ、大野君も真剣になるんだ、と。本当に集中して役に向き合っているときに、“このバカ監督め!”と自己嫌悪すると同時に、あの大野くんが……と非常にありがたく感じました」と苦笑した。

 大野の役者としての魅力を「とにかく芝居に嘘がない」と続ける中村監督。「いい意味で、セリフだけ覚えて現場にくる。余計なことを考えずに現場に入ると、カチンコが鳴った瞬間、相手の役者さんのトーン、天気、セットやロケの状況、時間、暑さ寒さをちゃんと味わいながら、ニュートラルに役に入れる。だから嘘がない」と大野の演技力に太鼓判。監督自身「最後に大野君が見せた表情にゾクゾクした!」とうれしそうに語る衝撃的なラストが圧巻だ。(取材・文:折田千鶴子)




そうそう、こちらの記事も。

livedoorNEWS
嵐・大野智が表紙&巻頭特集の映画雑誌爆売れ
2017年6月17日 12時40分 ナリナリドットコム


6月15日に発売された映画雑誌「キネマ旬報NEXT Vol.13」が、同誌販売数で最高記録の見込みとなり、発売当日の15日夜に緊急重版が決定した。

「キネマ旬報NEXT」シリーズは、話題作の俳優にフォーカスする内容で、「キネマ旬報」の増刊号として2011年より発刊。重版が決まった今回の「Vol.13」」では、“映画は役者で見る”と題して、今注目の俳優のインタビューを多数収録している。

表紙・巻頭特集には、映画「忍びの国」に主演する大野智が登場。グラビア&ロングインタビュー+41の質問(計12ページ)から“俳優・大野智”に迫った。

また表紙&巻頭特集のほかには、窪塚洋介、窪田正孝、ディーン・フジオカ、斎藤工、満島ひかり、松井玲奈といった今後見逃せない作品に登場する俳優たちの撮り下ろしインタビュー、岡田准一主演の「関ヶ原」や、中島健人主演の「心が叫びたがってるんだ。」といった夏の話題作の撮影現場レポート、さらに超豪華プレゼントも用意されている。




さすがのサトシック(@_@)



♪ランキングに参加しています♪


嵐ランキング

ブログランキングならblogram

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

まるさんおはようございます~☺
昨日はニノちゃんのハピバが行われたとか?近いけど遠い京セラドームですー。今回はお誘い頂いたけど、今日しか休みがなくて泣く泣くお断りしました。子供が中3で毎週のように模試や高校見学があるので、体調管理の為やむを得ずというところです。
それより、奈良健康ランド(スーパー銭湯が流行る前からあるけど行ったことない)!!すごいローカルな!!うーん…でもいかなーい。
京都のお店は行きたいなー。行けるかなー?行ける日は13:30から学校の個人懇談なんだけどなー?帰ってこれるかなー?なんで1番が当たったのかなー?(←不毛な呟き…許して)

お財布の強烈な悲鳴がこだまする雑誌祭。まだまだたくさんありますねー。
プラスアクトを眺めてはニマニマして、セクシーさにため息吐いて、気持ちが充実しております😁

いよいよテレビ祭が始まりますねー🎶
楽しみだなー😆


なつさんへ
こんにちは♪
会場が近いのに行けないってのも辛いですね( ; ; )
何より、誘っていただいたのに自分の都合で断るしかないって、余計に残念!
でも、お子さんが第一よ!
それでいいと私は思います。

雑誌祭りもピークは過ぎた感がありますね。
買ったはいいけど、まだ全然読めていません(;^_^A
今はグラビアを見て満足してるって感じでしょうか(笑)