FC2ブログ

Article

        

視聴率(2017年末&2018年1月)

2018/ 01/ 31
視聴率
                 
随時更新します♪
            

「VS嵐」(フジテレビ)

「嵐ツボ」
1/3(木)16:15~18:00 7.6%

「VS嵐 2018 賀正新春豪華3時間SP」
1/3(木)18:00~21:00
「第2部」19:00~21:00 15.7%


1/11(木)19:00~19:57 10.8%
ゲスト:ドラマ「FINAL CUT」
プラスワンゲスト:よゐこ


1/18(木)19:00~19:57 %
ゲスト:映画「不能犯」
プラスワンゲスト:TKO


1/25(木)19:00~19:57 11.6%
ゲスト:チーム元気女子
プラスワンゲスト:斎藤工&藤本敏史





「嵐にしやがれ」(日本テレビ)

「元日はTOKIO×嵐 ウルトラマンDASH 第1部」18:00~19:00 16.5%(関西 10.5%)
「元日はTOKIO×嵐 ウルトラマンDASH 第2部」19:00~21:00 16.6%(関西 11.6%)
「元日はTOKIO×嵐 嵐にしやがれ元日スペシャル」
1/1(土)21:00~23:15 15.6%(関西 13.5%)

「相棒season16 元日スペシャル」(テレビ朝日)21:00~23:15 15.4%(関西 18.6%)

1/13(土)21:00~21:54 14.2%
スタジオゲスト:Hey!Say!JUMP 山田涼介
体育会系肉グルメデスマッチ
「隠れ家ARASHI」
櫻井翔 ホリ率いる最強ものまね軍団
「二宮和也 勝ちたいシリーズ第八弾」
プロボクサー清水聡にボクシングゲームで勝ちたい!


1/20(土)21:00~21:54 13.6%
スタジオゲスト:加藤一二三
ひふみん大好物デスマッチ
スタジオゲスト:田中彩子(ソプラノ歌手)歌手
「隠れ家ARASHI」二宮和也 窪田正孝&新井浩文


1/27(土)21:00~21:54 15.0%
スタジオゲスト:松坂桃李 新田真剣佑
絶品!丼デスマッチ
新企画「MJ倶楽部」
ムロツヨシと星空ローストビーフ
「二宮和也の小っちゃな野望」
24時間テレビメインパーソナリティー発表
Sexy Zone





「櫻井有吉THE夜会」(TBS)

「櫻井・有吉THE夜会2時間SP」
1/4(木)21:00~22:54 11.0%(関西 14.7%)
松本潤 香川照之 木村文乃 田中将大 吉岡里帆 梅沢富美男


1/11(木)22:00~22:54 9.1%
井浦新 窪田正孝 岡田将生


1/18(木)休み

1/25(木)22:00~22:54 9.1%
阿部寛 溝端淳平





「ニノさん」(日本テレビ)

1/7(日)12:45~13:15 %
論クラーベ


1/14(日)12:45~13:15 6.6%
復活劇場~ニノさんとナニモノさん~


1/21(日)12:45~13:15 6.6%
復活劇場~ニノさんとナニモノさん~


1/28(日)12:45~13:15 7.3%
ベタ宮和也のベタ研究所







「相葉マナブ」(テレビ朝日)

1/7(日)18:00~18:30 %
新年を祝ってお餅をついて小豆からあんこを作ろうSP


1/14(日)休み

1/21日)18:00~18:30 7.8%
マナブ冬の魚塾 今知るべき魚の目利き術


1/28(日)18:00~18:30 9.6%
マナブかまどごはん 300年農家で掘る自然薯





「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」(TBS)

1/14(日)21:00~22:19 第1話 15.1%
1/21(日)21:00~22:14 第2話 18.0%
1/28(日)21:00~21:54 第3話 16.2%




2017/12/31(日)23:45~00:45
「ジャニーズカウントダウン 2017-2018」(フジテレビ) 12.0%



2017/12/31(日)
「第68回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)
19:15~20:55
第1部 35.8%
21:00~23:45 第2部 39.4%


マイナビニュース
2018/01/02 11:07:03
『紅白』視聴率第2部39.4%でワースト3位 - 1部は35.8%で上昇


大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』の番組平均視聴率(NHK総合、関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、第1部(19:15~20:55)は35.8%、第2部(21:00~23:45)は39.4%だった。

前年は第1部35.1%、第2部40.2%だったため、それぞれ0.7ポイントアップ、0.8ポイントダウン。第2部は2年ぶりの40%割れで、2部制となった1989年以降、歴代ワースト3位、第1部は2013年の36.9%に次ぐ歴代15位だった。

今回のテーマは、前年に続き「夢を歌おう」で、総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と桑子真帆アナウンサー、紅組司会は有村架純、白組司会は嵐の二宮和也。今年9月に引退する安室奈美恵が14年ぶりに出演し、朝ドラ『ひよっこ』からは特別編の放送や、主題歌「若い広場」を歌う桑田佳祐の登場で盛り上げた。結果は、紅組143万2,371票、白組223万7,644票で白組の勝利。これで、通算成績は紅組31勝、白組37勝となった。

なお、裏番組のトップは、日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』で、(18:30~)17.3%、(21:00~24:30)16.3%だった。

『NHK紅白歌合戦』ここ10年の視聴率(NHK総合)
2017年:(1部)35.8%、(2部)39.4% / (紅組司会)有村架純・(白組司会)二宮和也・(総合司会)内村光良、桑子真帆アナ

2016年:(1部)35.1%、(2部)40.2% / (紅組)有村架純・(白組)相葉雅紀・(総合)武田真一アナ

2015年:(1部)34.8%、(2部)39.2% / (紅組)綾瀬はるか・(白組)井ノ原快彦・(総合)黒柳徹子、有働由美子アナ

2014年:(1部)35.1%、(2部)42.2% / (紅組)吉高由里子・(白組)嵐・(総合)有働由美子アナ

2013年:(1部)36.9%、(2部)44.5% / (紅組)綾瀬はるか・(白組)嵐・(総合)有働由美子アナ

2012年:(1部)33.2%、(2部)42.5% / (紅組)堀北真希・(白組)嵐・(総合)有働由美子アナ

2011年:(1部)35.2%、(2部)41.6% / (紅組)井上真央・(白組)嵐・(総合)阿部渉アナ

2010年:(1部)35.7%、(2部)41.7% / (紅組)松下奈緒・(白組)嵐・(総合)阿部渉アナ

2009年:(1部)37.1%、(2部)40.8% / (紅組)仲間由紀恵・(白組)中居正広・(総合)阿部渉アナ

2008年:(1部)35.7%、(2部)42.1% / (紅組)仲間由紀恵・(白組)中居正広・(総合)松本和也アナ、小野文惠アナ




紅白視聴率、安室奈美恵熱唱で瞬間最高48・4% 第1部はブルゾンちえみで39・2%
2018年1月4日12時12分 スポーツ報知


 2017年大みそかのNHK総合「第68回紅白歌合戦」(後7時15分)の瞬間最高視聴率が4日、発表された。

 第1部(後7時15分から100分間)では、午後8時に39・2%を記録。「紅白HALFTIME SHOW」でお笑いタレントのブルゾンちえみ(27)がwithBとともに登場し、米歌手オースティン・マホーン(21)と「Dirty Work」をコラボした場面だった。

 第2部(後9時から165分間)は午後11時18分、今年9月で引退し、最後の紅白となる安室奈美恵(40)が特別企画として「Hero」を熱唱する場面で、48・4%をマークした。

 平均視聴率は第1部が35・8%、第2部が39・4%。桑田佳祐(61)も特別枠で出演したが、2年ぶりに40%に届かず、記録が残っている1962年(第13回)以降では歴代ワースト3位の数字となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)




スポニチ
安室やっぱり最高48・4% 歴代ワースト3位の紅白救った「Hero」


 昨年大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜11・45)の瞬間最高視聴率が48・4%(関東地区)で、安室奈美恵(40)が歌った時だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。前年より3・6ポイント上回り、国民の約半分が見たという形に。また、安室をはじめ、事前に“あおりネタ”を提供したアーティストが軒並み視聴率を上げる結果となった。

 最も注目を集めたのはやはり、9月に引退する歌姫のラストステージだった。瞬間最高は午後11時18分、リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマ曲「Hero」を歌っている最中だった。

 VTR紹介などを含め、安室の時間は10分4秒。午後11時10分に総合司会の内村光良(53)が安室を紹介し始めると、この日最高の43・3%に急上昇。約3分半のVTR、約2分10秒の本人コメント時も上がり続け、約3分半の歌唱の終盤でピークを迎えた。

 前回16年の瞬間最高は紅組優勝が決まった瞬間の44・8%で、今回は3・6ポイントも上回った。一方で、平均視聴率39・4%は前回の40・2%を下回り15年の39・2%、04年の39・3%に次ぐ歴代ワースト3位。関係者は「安室さんの10分間がなければ惨敗だった可能性が高い」と指摘した。

 今回は安室をはじめ本番へ向け視聴者の関心をあおった出演者の視聴率が軒並み上がったことも特筆される。

 35番目に出場した「X JAPAN」はこの日初の40%台をマーク。本番前日に会見し、昨年5月に首を手術したYOSHIKI(年齢非公表)がドラム演奏を解禁する可能性を示唆した。

 続いて視聴率を押し上げた「AKB48」は、歌唱曲が視聴者投票で直前に決まる企画で、卒業する渡辺麻友(23)が最後に何を歌うか注目されていた。リハーサルでは、ライブでめったに歌わないマイナーな「ほねほねワルツ」が選ばれる可能性を渡辺自身が強調する場面もあった。

 「バブリーダンス」で話題の大阪府立登美丘高校ダンス部と一夜限りの共演をした郷ひろみ(62)は目玉の演出にもかかわらずリハを公開。男性デュオ「ゆず」は珍しく会見に応じ、大トリへの意欲を語った。

 最近の紅白はリハを公開せず、会見にも応じない出演者が増えているが、今後はメディア露出する古き良き紅白の盛り上げ方が、視聴率押し上げの秘策となりそうだ。
[ 2018年1月5日 05:30 ]




スポニチ
嵐さすが42・4% 「ひよっこ紅白特別編」から数字伸ばす


 嵐は42・4%で、直前の「ひよっこ 紅白特別編Part2」の40・8%から数字を伸ばした。

 応援ソングメドレーとして「GUTS!」と「Doors〜勇気の軌跡〜」を披露。前年は出場歌手別で最高の43・7%を記録。今回も圧倒的な人気を見せつけた。
[ 2018年1月5日 05:30 ]






BLOGOS
文化通信特報版2017年08月16日 16:43
民放5局「広告取引新指標」広告主と意見交換



Media Border
トップ   2017年11月号   事例取材
視聴率が変わり、視聴データが飛び交う時代。
2017年11月07日 14:48 by sakaiosamu


スポンサーサイト

            
                                  

コメント