Article

        

3月度ついランワード別アクセスランキング VS嵐スタッフの「私にとって『VS嵐』は○○」

2018/ 04/ 06
『忍びの国』
                 
            

3月に「ついラン」で最もよく閲覧されたワードトップ10が
ついラン・リアルタイムランキング中!
で発表されましたが、
1位が何と「大野智」
2位が「忍びの国」‼️

熱心なファンが多い智くんのことですから、
ツイッター関連で強いのは納得ですが、
それでもこの個人仕事がない時期の、
そして「忍びの国」の話題がピークを過ぎた今でも、
1位2位にランクインなんて……、
流石…です(^O^)/

ついランのレポートも、
よく分析されているなと思いました。


ついラン・リアルタイム中のツイ。


2018年3月度・ついランワード別アクセスランキング
1位「#大野智」
2位「#忍びの国」
3位「#ラストアイドル 」
4位「#アシガール 」
5位「#EndlessSHOCK 」
6位以下はついランで!
tsuiran.jp/pickup/2018040…
#ついラン調べ
2018/04/05 17:29


ついラン 分析レポート
3月度・ついランワード別アクセスランキング発表!果たして1位は? 2018.04.05 17:22 UP


ついランではTwitterでつぶやかれたワードを個別ページで閲覧可能。「なぜTwitterトレンドになっているのか」「映画やドラマ、アニメへの素直なみんなの感想」がひとめでわかる。
そこで、2018年3月に最もよく閲覧されたワードTOP10をご紹介。
上位にランクインしたのは話題の映画?今話題のアノ人?それとも…。

2018年3月度・「ついラン」でよく閲覧されたワードTOP10

**1.大野智
**2.忍びの国
**3.ラストアイドル
**4.アシガール
**5.Endless SHOCK
**6.しゃべくり007
**7.B'z
**8.薮宏太
**9.草なぎ剛(草彅剛)
10.吉田沙保里

集計期間:2018年3月1日~3月31日
集計範囲:上記期間中の「ついラン」へのページアクセス


1位はランキングの常連・国民的グループのリーダー

1位を獲得したのは嵐の「大野智」さん。「VS嵐」などのレギュラー番組での露出に加え、4月に行われる「北京・国際映画祭」の正式イベント、「北京日本映画週間」で「忍びの国」が上演されることが決まり、大きな話題を呼んでいる。
また、3月31日で大野さんがパーソナリティを務めていたラジオ番組が終了して一年になること、今年に入ってから大野さんの新しいソロ活動の情報が入ってこないことから「次のソロはいつなのか」「新しいソロ活動の場を(出来れば音楽かダンスで)」という声もファンの間からは上がっている。

2位はDVDも発売されたが音感上映も絶賛開催中のあの映画

2位にはこのランキング常連の映画「忍びの国」がランクイン。2月22日にDVDとBlu-rayが発売されたにもかかわらず、公開から9か月を過ぎてもなお、劇場上映されている、驚異的なロングラン作品だ。
3月中は千葉県柏市にある「キネマ旬報シアター」で通常よりも音響のボリュームを上げた「音感上映」が3週間にわたって行われ、多くの作品ファンや大野ファンが足を運んでいた。
この作品に関しては、現在もその他の地域で応援上映を望む声があり、上映館の情報収集などでついランを閲覧した人が多いのではないかと思われる。


単純なツイート数のランキングと個別ページのアクセスランキングの違いは、閲覧する方が「もっと深く知りたい」と思って個別ページを訪問すること。
そのため、このランキングは「どれだけ興味をそそる話題だったか、どれだけ熱いファンがたくさんいるか」のバロメーターであるといえる。




一度知るともっともっと知りたくなる。
そんな人なのですよね、
大野智くんは\(//∇//)\





10周年記念SPの放送を来週に控え、
「VS嵐」公式より、
スタッフの【私にとって『VS嵐』は○○である】をテーマにしたツイートです。

まずは三浦淳プロデューサー。


僕にとって『VS嵐』は【フェス】。文字通り【お祭り】です。
色々なジャンルのゲストが登場して、毎回ワクワク、ドキドキする展開はロックフェスと全く同じ感覚…『VS嵐』はロックではないけど、日本一ポップなフェス!!毎週こんなフェスが見られるなんて凄い事だと思いませんか!? #VS嵐10周年
2018/04/05 19:35



「VS嵐」さんは毎回工夫を凝らして、
ファンが喜ぶような企画を考え放送してくれるので、
それがとってもありがたいしうれしいなと思うのです。


スポンサーサイト

            
                                  

コメント